麦粒腫(めばちこ)


まぶたにある、まつげの毛穴、まぶたの皮脂腺、汗腺に細菌が感染しておこるものを外麦粒腫、まぶたの内側に近い部位のマイボーム腺に細菌が感染しておこるものを内麦粒腫といいます。細菌はほとんどがブドウ球菌です。

症状
まぶたに痛みのあるこりっとした腫瘤が出現します。まぶたは全体に腫れたり、赤くなることもあります。自覚症状として、痛み、異物感、灼熱感、目やになどを訴えます。押すと痛みます。先に膿が見られるようになります。膿点といいます。

治療
眼科の先生に診ていただきます。抗生物質の内服や点眼、眼軟膏を塗ります。切開排膿する事もあります。
目尻のあたりにできている場合は奥の方の眼窩部に炎症が進んでいくことがあるので、要注意です。


前の画面に戻る 霰粒腫へ
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.