環状肉芽腫


環状肉芽腫とは
真皮の膠原繊維の一次的な変性によって生ずる肉芽腫性炎症、変性部位にムチンの沈着と、その周囲の組織球性細胞の増殖が特徴です。乳・幼児にまれではなく女児に多いです。
発生部位はわずかな外傷によって誘発されると考えられています。
生下時より存在するか、または生後まもなくして発生して数が増えますが、4〜5歳までに自然退縮します。

症状
1)好発部位 足関節、膝関節、手指間接の周囲および被髪頭部。
2)数は数個からまれに多発。
3) 直径数ミリの硬い皮内結節が環状に配列し、中央が凹む典型的なタイプのほか、皮下の硬い結節で、表面に変化のないタイプとがあります。後者は小児に特有で、足関節の周囲や頭部で見られます。
4)1〜2年で自然しうるか、再発が怒ることがあります。

治療
一部生検すると全体が消えることがあります。
(文献 14 15)

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.