腸重積症


2歳以下、特に6ヶ月前後の乳児に見られる救急疾患です。突然、不機嫌になり、嘔吐、腹痛があり、粘血便が見られます。腸の一部がすぐ上の腸の中に入り込んで、腸閉塞をおこし、腹痛、嘔吐が出現します。

原因
ウイルス感染がきっかけになることが多いと推定されています。

症状
腹痛、嘔吐、粘血便が主です。急に不機嫌になり、顔面蒼白、苦悶状の表情になります。強く泣いたり、おとなしくなったりします。
粘血便は多くは浣腸をすると見ることができます。

診断
腹部の腫瘤の触知、浣腸後の血便、腹部超音波検査で診断します。治療をかねて造影剤を肛門から注入するととどまった腸の塊の陰を見ることができます。

治療
バリウムやガストログラフィンなどの造影剤か空気などで、圧をかけることにより、入り込んだ腸を押して元どおりになおします。これを整復といいます。現在は空気による整復が主流です。整復できたら、そのまましばらく入院して様子を見て、症状が落ち着いたら退院できます。

院長通信
このところ腸重積の子はあまり多くありません。理由はよくわかりません。
ロタウイルスワクチンの副作用で腸重積が大変まれですが、起こることがあるといわれています。その予防のために初回のワクチンを14週と6日までにする必要があります。
前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.