幽門狭窄症


幽門狭窄症とは幽門部(胃と十二指腸の間の部分)が細くなり、飲んだミルクが通らなくなり、嘔吐をする病気です。
生後2週間くらいから吐き始め、次第に強く吐くようになり、ひどくなると噴水のように吐くようになります。幽門部の筋肉が次第に肥厚してゆき、だんだんと細くなるのです。原因はよくわかっていません。吐いた後はまたお腹がすくためにすぐにお乳をほしがります。しかし、お乳は腸に運ばれなくなるためだんだんやせてきます。

原因
原因は分かっていません。男の子に多く、長男に多い傾向があります。

症状
嘔吐が主症状で、次第に強く吐き、噴水状に吐くようになります。やせが目立ってきます。脱水をおこしてきます。おなかを見ていると胃の蠕動(胃が内容を送る動き)を見ることができることがあります。

診断
胃の出口あたりにオリーブの実の大きさの腫瘤をふれます。超音波でもわかります。造影剤を入れて、細くなった幽門部を確認します。

治療
小児外科の先生に手術をしていただきます。筋肉を広げる手術でそれほど危険な手術ではありません。アトロピンという薬を内服したり、注射する方法もあります。
治療が終了するとよくなります。


前の画面に戻る 虫垂炎へ
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.