小麦アレルギー


小麦は、食物アレルギーの第3位に位置する重要なアレルゲンです。厚労省の研究班のデータでは約12%を占めています。
乳児期に発症した小麦アレルギーの3歳時点の耐性獲得率は63%です。6歳までに耐性を獲得しにくい因子としてアナフィラキシーショックの既往、アトピー性皮膚炎の合併、多種食物アレルギーなどがあげられています。
乳幼児の即時型食物アレルギーの3大原因食物は鶏卵、牛乳、小麦ですが、学童期になると3大原因食物は鶏卵、果物類、甲殻類となり、鶏卵、牛乳、小麦は6割ほどに減ってきます。このことは乳幼児早期の原因食物が学童期に入る前に耐性を獲得していることを示しています。
小麦は学童期以降(7〜19歳)では8番目に位置し、5%程度となります。


症状
即時型症状は、接種後2時間以内に発症する皮膚・呼吸器・消化器・粘膜症状などが出現します。口腔粘膜症状は「からい」「にがい」「いがいがする」という表現をすることもあります。同じことを繰り返すようでしたら診断的価値があります。
小麦花粉による花粉症もあります。小麦粉による食物アレルギーには即時型アレルギーと小麦製品接種後の運動で重篤な症状を起こす小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)があります。最近、加水分解小麦含有石けんの使用による食物アレルギーが問題になりました。
アトピー性皮膚炎を持つこどもでは湿疹との因果関係を注意して観察、問診します。接種後4時間以上経過してかゆみの悪化を生じる非即時型反応を疑う場合には再現性を重要視して食物日記等利用して観察します。

診断
臨床症状から判断し、診断のための検査としてとして小麦特異的IgE抗体価の測定を行いますが、小麦特異的IgE陽性例の約半数は非小麦アレルギーです。症状がない場合でも陽性になることがあります。
ω-5グリアジン特異的IgE抗体の検査を同時に行うことで、小麦アレルギーの判断をより正確に行うことができます。

治療
小麦粉が食べられませんので、除去します。ごはんは食べることができます。めん類、パンが食べられません。小麦粉を使った様々なお菓子などが食べられません。小麦粉は天ぷらやとんかつの衣、カレーやシチューのとろみなど、料理の中にも小麦が使われているので、注意が必要です。また、しょうゆにも小麦が使われているので、アレルギー症状が強い場合は製法が明確な雑穀しょうゆを使う方が良いでしょう。
一般的には小麦は耐性獲得率が低い食品とされていますので、成人になってからでも注意が必要です。

除去食品加工食品、料理、その他注意する食品
小麦粉パン、パン粉、うどん、そうめん、日本そば、ラーメン、スパゲッティ、マカロニ、麩
小麦を使った料理シチュー、グラタン、天ぷら、フライの衣、カレールウ、シチューの素、ぎょうざ、シューマイ、春巻
小麦加工品小麦胚芽油、麦茶、しょうゆ、ビール、ウィスキー
小麦を使った料理クッキー、ドーナツ、ケーキ、ホットケーキ、麦芽ドリンク

ω-5グリアジンについて

小麦のタンパクの成分です。小麦のタンパクには水溶性のものと不溶性のものがあります。小麦グルテンは水・塩不溶性タンパクで、グリアジンとグルテニンで構成されています。米や他の穀物には含まれない成分であり、小麦特有のアレルギー症状に関与してきます。その1分画であるω-5グリアジンは成人の小麦依存性運動誘発アナフィラキシーの原因アレルゲンとして解析されましたが、小児の即時型小麦アレルギーにも強く関与することが証明されました。ω-5グリアジン特異的IgEの抗体陽性は小麦アレルギーの診断特異性が高く、抗体価は症状誘発閾値や症状の重篤度とよく相関します。また、
食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の診断においても有用です。

※耐性が獲得しにくい食物
甲殻類、小麦、果物、魚類、そば、ピーナッツ
アメリカの報告では牛乳アレルギーの85%は8.6歳までに、卵アレルギーの66%は5歳までに、ピーナッツでは20%、木の実では9%獲得するとされています。

小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)
小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)に対する臨床的感度(陽性率)は、小麦48%、グルテン56%、ω-5グリアジン80%であり、小麦陽性のアトピー性皮膚炎を対照とした場合の臨床的特異度(カットオフ値=0.35UA/mL)は、グルテン44%、ω-5グリアジン68%でした。この結束、WDEIAの診断における臨床的感度・特異度はω-5グリアジンが最も優れており、従来検査の臨床性能を大きく改善することが示されました。さらに、ROC解析により求めたω-5グリアジン特異的lgEの最適カットオフ値は0.89UA/mLで、臨床的感度、特異度はぞれぞれ78%、96%でした。
(株)ファディアのパンフ WDEIA診断におけるω-5グリアジンの有用性(島根大学医学部皮膚科教授 森田栄伸先生)より

小麦グルテン:小麦粉に食塩水を加えて良く練った後、熟成させデンプンを洗い流したもの。
麩は小麦グルテンからできている。

プロバビリティカーブ   イムノキャップによるIgE抗体と食物負荷試験における症状誘発の可能性(プロバビリティー)をグラフにしたものです。
「食物アレルギーガイドライン2012」には卵白、牛乳と小麦・ω-5グリアジンのイムノキャップによるIgE抗体価に基づいたプロバビリティカーブが記載されています。 イムノキャップによるIgE抗体価から症状を誘発する可能性をおおむね予測することができます。しかし、あくまでも確率的なものですから注意が必要です。
前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.