ドライアイと眼瞼けいれんの関係


眼の乾きの原因は眼瞼けいれんの可能性も
(2012.1 Nikkei Medical 29ページより)

 ドライアイと診断して治療しても長期間改善しない症例では、眼瞼痙挙が原因で眼の乾きを訴えている可能性がある。
 眼瞼痙挙は、眼輪筋など眼瞼周辺の筋肉が過剰に収縮することにより、不随意的に瞼を開けられなくなる疾患だ。
原因が不明な本態性眼瞼痙學と、薬の内服や化学物質などの曝露によって生じる2次性の眼瞼痙挙に分けられる。本態性眼瞼痙挙の大半は40歳以降に発症し、女性に多い。
 眼瞼痙挙の発症機序は明らかになっていないが、大脳基底核や視床、脳幹などにおける神経伝達異常によると考えられ ており、眼科以外にも神経内科、脳神経外科、精神科などで治療されている。ただし、疾患や治療法の認知度は高くないのが現状だ。
このため、日本神経眼科学会は11年7月、「眼瞼けいれん診療ガイドライン」を公表した。
 眼瞼痙挙患者では、約半数が眼の乾きを訴えるとされている。ガイドラインによれば、国内・海外ともに眼瞼痙挙患者の4割以上が前医でドライアイの診断を受けていたという。またドライアイと診断され、種々のドライアイ治療に抵抗する患者の57%が眼瞼痙挙だったとの報告もある。
 眼瞼痙挙の診断には瞬目テストが有効だ。 10〜30秒程度速い瞬きを連続して行わせる「速瞬テスト」や、軽い瞬きを行わせる「軽瞬テスト」などを組み合わせ、瞬きができなかったり、顔面筋に挙縮が見られたら陽性と判定する。
 現在の治療の第1選択はA型ボツリヌス毒素の筋肉内注射。
効果は3〜4ヵ月で消失するため、定期的な注射が必要だ。このほか抗てんかん薬や抗不安薬などの内服、眼輪筋や眼輪皮膚切除などの外科的手術も行われている。

dataのページへ dataのページへ
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.