毛孔性角化症


毛孔性角化症とは
毛包の角化異常と毛包周囲の毛細血管拡張を特徴とする遺伝的疾患で、毛孔性苔癬ともいいます。普通は思春期の肥満に伴って症状が明瞭となるのですが、乳幼児期より認められることも少なくないようです。(4歳以下 7.3%)
またクッシング症候群の皮膚症状の一つでもあります。

症状
1)好発部位 上腕伸側、次いで大腿伸側に多いです。
2)毛包一致性の、硬くとがった小丘疹が等間隔に並び融合しません。皮膚を撫でるとざらざらしています。
3)非炎症性の軽い潮紅を伴うことがあります。
4)かゆみはありません。
5)耳前部から上顎にかけて、軽い潮紅、淡褐色の色素沈着および毛孔性の角化を伴うことが多いです。
この変化はerythromelanosis follicularis faciei (北村)とも呼ばれています。

治療
遺伝的疾患なので根本的な治療は不可能です。思春期を中年になると軽快します。
対症療法として尿素、サリチル酸ワセリン、チョコラザーネなどを入浴後に塗ります。

院長のひとりごと
年長児の女の子の上腕外側によく見られます。小さいときからなのであまり気にされていない様です。心配ないものと安心して頂くのが良いですね。
(文献 15)

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.