マイコプラズマ肺炎


肺炎マイコプラズマという病原体が感染することでおこります。幼児、小中学生に多い肺炎です。4年に1度流行するといわれています。以前はオリンピックの年に流行するといわれていましたが、毎年、一年中あります。

原因
肺炎マイコプラズマという病原体が感染しておこります。潜伏期間は長く1〜4週間といわれています。感染力はそれほど強くなく、飛沫や濃厚接触にて感染すると考えられています。肺炎マイコプラズマは軽度の風邪症状から気管支炎、肺炎と様々な病気を起こします。
乳幼児に感染しますが、不顕性感染が多く、肺炎になることはあまりなく、風邪や上気道炎で終わることが多いようです。5歳以上になると肺炎症状がでてきます。感染後に無症状の保菌状態が続きますが、感染源にはならないと考えられています。感染後、免疫は長続きしません。したがって、また感染することがあります。肺炎を繰り返す頻度はあまり高くないようです。私の経験でも2回マイコプラズマ肺炎にかかるケースは多くはないようです。

症状
咳と発熱がありますが、全身状態はあまりひどくなりません。咳は次第に強くなります。あまり痰のからまない、乾いた咳がこんこん続きます。そのわりには元気があります。 細菌によっておこる細菌性肺炎に比べるとかなり軽い印象です。呼吸障害はでませんし、全身状態も悪くなりません。肺のレントゲンでの肺炎像も、淡い陰がうっすらと見える程度のものです。
このため、いつまでも咳が続いていて、肺のレントゲンを撮って初めてわかることがあります。

診断
10分程度で判定できるイムノカード(イムノクロマト法で血清中の特異IgM抗体を検出)がありますが、陰性のこともかなりあります。血清中のIgM抗体を検出する微粒子凝集反応(PA法)と補体結合反応(CF法)などを組み合わせて、2〜3週後にペア血清をはかって診断するのが確実です。
最近、LAMP法という方法ができるようになりました。肺炎マイコプラズマの特異的DNAを直接検出する遺伝子検査法で、検体中に肺炎マイコプラズマが一定以上存在すれば検出可能です。

治療
肺炎マイコプラズマに効く抗生物質を使います。内服で効果があります。この場合入院して治療する場合と、入院しせず家で安静にして、抗生物質をきちんと内服することで治癒することも少なくありません。2週間は抗生物質を続けます。
抗生物質を続けても症状が改善しない場合は抗生物質に対して耐性が起こっている可能性があるので、変更します。
現在、今まで効果のあったマクロライド系抗生物質が効果がなくなってきていることが問題になっています。耐性率は40〜80%といわれています。マクロライド系抗生物質が効かない場合は、テトラサイクリン系抗生物質やニューキノロン系抗生物質(トスフロキサシン)を使用します。
テトラサイクリン系抗生物質は8歳未満では歯牙や骨への影響がありますので、量と期間を重視して使用します。
それでも改善しない場合や、合併症(髄膜炎、胸膜炎)を起こしている場合には過剰な免疫反応を起こしている可能性があるので、ステロイドを併用することがあります。

経過
抗生物質が効果があるので、1週間ほどで陰が消えてよくなります。陰が消えにくく2週間以上かかることもあります。
また肺と胸膜という空間に浸出液という水がたまることもあります。これは合併症の一つですが、これも次第に治っていきます。 その他の合併症として発疹(10%位)、嘔吐や下痢等の消化器症状、眼球結膜充血、肝機能異常、膵炎、無菌性髄膜炎などが報告されています。

家庭での注意
入院治療が基本ですが、家庭でも治療できます。安静、加湿が必要です。
水分は多めに与えましょう。
入浴は熱が下がって肺炎像がよくなり、咳が軽くなったらさっと入ることができます。


院長通信
 毎年のようにあります。咳だけが長く続いていて元気なのでほっておかれているケースが少なくありません。胸部聴診だけではわかりにくいことが多いです。
 今まで使っていた安全な抗生物質が効果がなくなり非常に苦慮しています。
補)
※罹患してから数週間の間、細胞性免疫能が低下することがある。
※マクロライド耐性はマクロライド系抗生物質が結合する23SrRNAのドメインV内の遺伝子に点突然変異が生じて、タンパク合成が阻害できなくなったことによる。
2013.2.25更新 (文献 57)

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.