女児の外陰部の異常


処女膜ポリープ
新生児期に女児で膣入口部から突出し、ピンクの細長いイボ状に見えるものです。母親由来のエストロゲンの影響で浮腫腫大したもので、2〜3週間で自然に縮小します。様子を見ていればいいものです。

陰唇融合
両側の小陰唇がくっつくもので、陰唇融合といいます。陰唇癒着症ともいいます。陰唇癒合は後天的にできるものです。
原因
 不潔で感染後二次的に癒着をするものが多く、湿潤したままの状態が引き金になります。またエストロゲンが低い状態などで起ります。

治療
 切開をします。外来で切開できますが、再発しやすいです。特に切開直後は再癒合しやすいので、おかあさんに時々手で広げもらうようにします。消毒、清潔を心がけます。1週間くらいで経過を見せて頂き、開いていることを確認します。いつも気をつけて開いているのを確認して頂くのが良いです。

予防
新生児期から予防指導します。陰唇癒合の可能性がありますので、局所の清潔、手で開いて頂くのが大切です。

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.