心房中隔欠損症


心房中隔欠損とは
 心室中隔に欠損孔があるもので,先天性心疾患のなかで最も多いものです。欠損孔はごく小さいものから直径3cmくらいのものまであり,欠損の位置も様々ですが,中隔上部の膜様部欠損が最も多いです。

症状
 欠損孔の小さいものは,心雑音のほかは無症状で,自然に孔が閉鎖するものもあります。  欠損孔がかなり大きくなると,肺血流量は増加して肺のうっ血を起こし,呼吸促迫,呼吸困難,哺乳力低下,体垂増加不良などを認めます。肺の感染を起こしやすくなります。  重症の場合には高度の肺高血圧症となります。左心室は容量的負荷により肥大してきます。

治療
 孔の小さいものは運動制限をする必要はなく,特に治療を要しないことが多いです。大欠損や欠損孔の位置によっては手術適応となします。

※心雑音は比較的わかりやすく、診断がつけやすい疾患です。
前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.