レーザー療法


 現在、レーザー照射は母斑、血管腫の大変有効な治療法です。
レーザー照射はレーザー光が特定の波長を有する色を持った物質(メラニンやヘモグロビン)に特異的に吸収され、そこで熱を発生してその周囲の組織だけを破壊するものです。
そのため目標とする病的な組織以外の正常な組織は傷つけられないのです。
これまでに他種類のレーザーが開発され、様々な母斑症の治療に応用されてきました。

レーザー照射の適応となる主な母斑とレーザーの種類
1.単純性血管腫  色素パルスレーザー(ダイレーザー)
2.扁平母斑   ルビーレーザー
           色素パルスレーザー
           Qスイッチレーザー
3.太田母斑・異所性蒙古斑 
           Qスイッチ・ルビーレーザー
           Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー
           Qスイッチ・ND:YAGレーザー

レーザー照射を行う年齢や部位に特に制限はありません。しかし、血管腫においては若年者の方が有効です。
また、母斑の種類にかかわらず、顔面・頸部の病変は体幹・四肢のものに比べて有効例が多いようです。
照射時にわずかに痛みがありますが、照射面積が小さければ麻酔は必要ありません。しかし、範囲が大きければ成人でも局所麻酔が必要です。
幼少児では全身麻酔が必要です。眼球の損傷を防ぐための眼球プロテクターを用いる方がよいでしょう。

※ルビーレーザー
メラニン色素が赤色の波長の光を吸収しやすいことを利用し、シミ・ホクロ消しに利用されています。
※Qスイッチレーザー
シミやほくろなどの黒い色だけに反応して色素を壊します。シミ以外の肌にはダメージを与えません。
※ダイレーザー
血管腫の赤い色は酸化ヘモグロビンの色ですが、この酸化ヘモグロビンの吸収波長のピークに一致した585nmの単一波長の光を出すレーザーが、ダイレーザーです。このレーザーを皮膚の表面から照射することにより、赤い酸化ヘモグロビンに特異的に光エネルギーが吸収されて、瞬時に赤血球が破壊され、その熱が血管内皮細胞に伝わり、血管が破壊されます。その際、血管周囲にも熱は伝わりますが持続時間が非常に短いパルス波であるため、組織の損傷は最小限となり、痕を残さない軽い程度で済むのです。
※レーザー治療後はT〜U度の熱傷になるので、軟膏を塗布してガーゼで保護する治療を1週間ほど行う必要があります。
※単純性血管腫に対するダイレーザー治療は低年齢から開始するほど効果が良く、より赤い色が消退しやすいです。
※ダイレーザー治療の部位別の有効率は顔、体幹、上肢、下肢の順に良好です。
※Vビームレーザー(超ロングパルスダイレーザー)
 従来のダイレーザーに比べ、少し波長が長いため、より深くまでレーザー光が到達して、より深部の毛細血管を破壊することが可能です。

(文献 37 P270 井上邦雄 、47 p113 馬場直子 )

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.