子宮頚がんワクチンについて


子宮頚がんは女性特有のガンとしては乳がんに次いで多く、特に20〜30代のがんでは第一位となっています。日本では10000人もの女性が新たに子宮頚がんにかかっており、、毎年約3500人が子宮頚がんで亡くなっています。子宮頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症します。そこで子宮頚がんを予防するためにヒトパピローマウイルス感染を予防するワクチンが開発され、この度公費で接種することができるようになりました。

ワクチンの種類
サーバリックスとガーダシルという2種類のワクチンが発売され、サーバリックスが先行していましたが、現在低リスク型のヒトパピローマウイルスも予防できるガーダシルが世界的に行われる様になりました。
予防できるHPVはともに16型、18型を予防できます。これが子宮ガンの主原因(2/3)になっていますので、サーバリックスを受け検診をきちんとしていけば子宮頚がんを予防するのはある程度十分と考えられます。
しかし、後発(ジェネリックという意味ではありません。サーバリックスより国内発売が1年9ヶ月遅れました。)のガーダシルはこれに低リスク型の6型、11型も予防できるということで現在優位に立っています。サーバリックスはメインの16,18型に対してはガーダシルよりも効果が強いということで市場を確保しようとしていますが、劣勢は否めないようです。
先ほどいいましたように、子宮頚ガンの予防だけならサーバリックスで十分と考えられますので、もしサーバリックスを既に受けている方には、それほど気にされることはありません。
問題はワクチン接種のみで終わることなく、きちんと20歳になったら、検診をきちんと受けて下さい。

接種方法
半年間に3回接種します。1回めから1〜2ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目を行います。
通常の皮下注射ではなくて筋肉注射ですので、痛みが皮下注射に比べると少し強いです。

接種料金
平成24年度は中学1年生〜高校1年生まで公費で無料です。

接種について
予約が必要ですので、お電話ください。

効果
予防効果の持続期間はまだはっきりとしたデータは出ていません。

副反応
接種部位の痛み、腫れ、発赤、かゆみなど。
発熱、不快感、頭痛など。筋肉の痛み。まれに手足の痛み、下痢、腹痛、疲労、不安感から来る失神、めまい関節痛、嘔吐、リンパ節症などが報告されています。

前の画面に戻る ツ反・BCGについて
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.