抗アレルギー薬とその使い方


抗アレルギー薬 
 喘息の治療薬として抗アレルギー薬があります。アレルギー反応の種々の過程を抑えることにより、喘息発作を予防するものです。アレルギー性の機序で起こる喘息の場合、ダニなどの抗原が入って抗原抗体反応が起きても、化学遊離物質(ヒスタミン,SRSAなど)が肥満細胞などの細胞からはじけて外に出るのを抑える働きにより予防効果が期待できる薬です。
また、そのような物質の産生、合成を抑えるもの、サイトカインという物質の産生、または合成を抑えるものなどがあります。 いまから約20年前に、DSCG(インタール)という吸入する薬が使用されるようになりました。これはアレルギー性の喘息の場合に、あらかじめ吸入しておくことによって発作の発現を予防するという効果があります。その後経口で同様の効果が得られるいくつかの薬が現れてきました。これらの薬の作用機序は、DSCGとほぼ同様です。すなわち、抗原抗体反応の結果起こる化学伝達物質の遊離を抑制するのが主な働きですが、一部の薬ではこの他に抗ヒスタミン作用があります。また、喘息の原因物質であるパフ(PAF)に働く作用もあると言われています。

 ロイコロリエン受容体拮抗剤(プランルカスト、モンテルカスト)という薬は比較的新しく、システニィルロイコトリエンT受容体拮抗剤で気管支収縮抑制作用、気道炎症抑制作用を発揮、それに基づいて長期的な肺機能の改善、気道過敏性の改善をもたらすものです。また、ロイコトリエン受容体拮抗剤には運動誘発性喘息の抑制効果も認められています。効果はメディエーター遊離抑制作用やヒスタミンH1拮抗薬よりも早く、数日で効果が現れる場合もあります。

 服用法は、たとえば発作が秋の9月から10月にかけて多い場合には、8月の初めから使用を始め、9月の終わりあるいは10月の終わり、あるいは11月の初めまで投与を続けます。また発作が1年中散発的にみられるような場合には、年間を通して用いるのがよいと思います。服用時間をほぼ決めて内服を忘れないようにする注意が必要です。
 使用期間は、発作が通年性で年間を通して起こるという場合には、どれかの予防薬を3年、あるいは4年間継続して使用することがあります。効果が見られるのは4週間〜6週間くらいです。それくらいは続けてみなければなりません。また、一度効果が見られても中断してしまえば発作がまた起こることがあります。これらの薬はあくまでも予防薬ですから、必要なときには医師の指示に従って比較的長期間にわたりますが、勝手に中止しないで続けてください。 
 副作用は全般に少なく、安心して使用できます。



メディエーター
遊離抑制薬
クロモグリク酸ナトリウム(インタール:吸入で使用)
トラニラスト(リザベン)
レピリナスト(ロメット:基礎治療プロドラッグ剤)
ペミロラストカリウム(ペミラストン、アレギサール)
肥満細胞からいろいろなアレルギー作用
を起こす物質が出るのを防ぐ
ヒスタミンH1拮抗薬
+メディエーター
遊離抑制薬
フマル酸ケトチフェン(ザジテン)
塩酸アゼラスチン(アゼプチン)
オキサトミド(セルテクト)
メキタジン(ニポラジン:フェノチアジン系)

塩酸セチリジン(ジルテック)
ロラタジン(クラリチン)
塩酸エピナスチン(アレジオン)

エバスチン(エバステル)
アレロック(オロパタジン塩酸塩)

リボスチン(リボカバスチン酸塩酸)
抗ヒスタミン作用あり(眠気など)
2〜6歳にドライシロップあり。眠気1%
ロラタジン、エピナスチンはアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患(湿疹、皮膚炎、皮膚掻痒症)に伴う掻痒が適応。

ジルテック(セチリジン)はアレルギー鼻炎、じんましん、掻痒性皮膚疾患に適応。
2歳以上7歳未満 1回0.2gを1日2回 7歳以上15才未満 1回0.4gを1日2回

クラリチン(ロラタジン)は1%細粒3〜6歳、7〜14歳 10mg 1錠1日1回 口の中で解けるレディタブ錠あり。眠気は少ない
エピナスチンは眠気は少ない。飲みやすいが少し後味が悪い。かゆみに対する効果あり。 エバステルは1日1回5〜10mg 皮膚炎、湿疹、じんましん、アレルギー性鼻炎など
オロパタジンはアレルギー鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴う掻痒など。鼻閉に効果があるが、少々眠くなる。 アレロック細粒0.5%、2.5mg(2〜7歳) 5mg(7歳以上) 1日2回
アレルギー性結膜炎:パタノール点眼薬 1日4回 朝、昼、夜、就寝前
リボスチンはアレルギー性鼻炎、アレルギー結膜炎に対する点鼻薬、点眼薬
ロイコトリエン
受容体拮抗薬
プランルカスト水和物(オノン)
モンテルカストナトリウム(シングレア・キプレス)
気管支収縮を抑制
気道炎症を抑制
トロンボキサンA拮抗薬
セラトロダスト(ブロニカ)気管支喘息(主として予防薬として使用。)成人用のみ
Thサイトカイン阻害薬トシル酸スプラタスト(スプラタストトシル酸 アイ・ピ−・ディー)気管支喘息、アトピー性皮膚炎に効果あり 主として予防薬として使用。3mg/kg 1日2回 50%散
第2世代抗ヒスタミン薬
塩酸フェキソフェナジン(アレグラ)
選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用、炎症性
サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用を有する。
抗ヒスタミン作用の眠気は比較的少ない:慢性蕁麻疹など
長時間作動型β2刺激薬
キシナホ酸サルメテロール(セレベント)
吸入による長時間作用する気管支拡張剤


前の画面に戻る ハンドネブライザー(定量噴霧式携帯用吸入器:MDI)の使い方
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.