赤ちゃんのにきび(新生児座瘡)


ほとんどの場合、生後2週間までににきび様、丘疹(とがった発疹)、先に膿を持った丘疹がほっぺや額に出てきます。 女児よりも男児に多いようです。

原因
母体由来のホルモンである、アンドロゲンや、赤ちゃんの副腎皮質ホルモンのアンドロゲンが一時的に増えるのではないかといわれていますが、よく分かっていません。

治療
通常は生後2〜3ヶ月で自然治癒しますので、特別な治療は必要ありません。

注意
急激に増加したり、くっつきあったり、べちゃべちゃになったり、頬全体をおおうように広範囲に出てくる場合は乳児湿疹、アトピー性皮膚炎などにつながる場合がありますので、ひどい場合は小児科医に相談してください。


前の画面に戻る 赤ちゃんの湿疹へ
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.