中国食品について

中国の汚染と環境破壊
  水、土、空気が激しく汚染されている。これを政府は表向きは良くしようとしているが、全く実際には行われていない。
  @水
    厳しい干魃で水不足に悩まされており、工場排水からの薬品、有害物質、農薬などが垂れ流しの状態で、汚物や動物の死体までがそのまま流されている。
    黄河の先には黄海がここは韓国も北朝鮮も産業廃棄物をそのまま捨てており、極めて汚染が激しい。その先は日本海である。     また、長江の先はそのまま東シナ海であり、沿岸部は激しく汚染されている。
    北京は大変な水不足で地下水も極度に汚染されているため、長江から南水北調と称して運河を掘り長江の水を北京に流している。そのため汚染はさらにひどくなる。
  A空気
    黄砂
    PM2.5
    石炭 ウラン化石炭
      2005年からウランが石炭の中に含まれていることがわかった。
    工場からの有害物質の排出
    自動車からの排気ガス ガソリンの精製が悪い
  B土壌
    工場排水を地下に注入
    東トルキスタンで核実験 46回をすでに行っており、周辺はかなり汚染されていると思われる。
    問題は偏西風によって日本に飛んでくるのである。
    PM2.5 、黄砂には様々な有害物質が含まれていてアレルギーや慢性肺疾患、肺がんのになる可能性がある。
  C食品
    豚肉 鳥肉 野菜 最近のマクドナルドの肉 もやし ピーナッツ ウナギ 蕎麦 ニンニク ニラ
     ウナギ マライカイトグリーン(殺菌剤)の池の中でごったに育てられていた
    地溝油 下水の中の油を抽出して食用油としている。(火鍋)
    コメ カドミウムで約2000万トンが汚染されていると報告されているが、その統計も怪しいと言われている。これは約4000万人分のコメである。
    野菜 成長ホルモン剤使用、農薬・化学肥料 世界の3倍以上の使用 中にはかなり劇薬も殺虫効果が強いために違法と知りながら使用。ニラ、ニンニクなど。
     もやし 成長促進剤、漂白剤、抗菌剤を使用「毒もやし」と言われている
     コメ 汚染米は農民が食しており、家畜肥料や加工品として輸出されている可能性が高いとされている。私達が何気なく食べている可能性がある。

 ◎水と空気と土壌が極度に汚染されているため問題のない食べ物が育つはずがない
   多くの人民は非常に汚染されたものを食べている。 富裕層は食べない。
 ◎問題は中国産の食品でも日本に輸入されて加工されると日本製のような表示になることが問題であり、実は中国産を知らずに食べていることがある。
  レストランなどでも野菜が出てくるが、それがどこで生産されたものなのかわからないことが問題である。当然のことながらこれも知らずに食べている可能性が高い。
 ◎私達は本当に食べ物に気をつける必要がある。中国産という表示がなくても安心できないのだ。



前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.