太田母斑


太田母斑は眼球と皮膚(口腔粘膜)のメラノサイトの増殖により、三叉神経第1,2枝領域に生じる”青あざ”です。
全体に淡青色調であり、その局面内に細かな淡青色〜淡褐色斑が播種状に併発してきます。
生後まもなく現れる早発型と思春期に出現する遅発型とがあります。早発型は思春期には増悪してきます。

症状
1)通常は片側性(90%)ですが、両側のものもあります。
2)色調は青に褐色調を混じできます。
3)境界は不鮮明、辺縁は小さい点状の色素斑からなっています。
4)眼球結膜に青色斑が存在します。
5)その他硬口蓋、鼻粘膜、鼓膜にも見られることがあります。
6)色素斑は一生続きますが、老人では青色調が薄れてきます。
7)伊藤母斑:同様の色素斑が肩峰三角筋部にある場合をこのように呼びます。

治療
Qスイッチレーザーを用いて、青色斑の自覚早期より3ヶ月に1回の頻度で治療していきます。保険内で可能。
2ヶ月頃から外来で局所麻酔下でレーザー治療が可能です。
幼少児では1回ですべての青色斑を治療する場合は前進麻酔下にレーザー照射します。
思春期女子に濃くなりやすいため、いかに心理的負担を軽くするかが重要です。
早発型であれば幼少期からレーザー照射を開始することで、薄くなっていきます。
遅発型であればレーザー治療とともにパーフェクトカバー、カバーマークなどの化粧品を使うことで患者さんのQOLを保てます。
(文献 14 49)

前の画面に戻る
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.