肘内障


肘内障とは
手を強く引っ張ったり、横に不自然な転び方をして、肘をついたとき、肘の骨の一番上の骨頭部というところが肘の輪状靱帯という靱帯から外側へ手の方にずれるものです。
これは完全な脱臼ではありませんが、こどもは肘の痛みのために上肢をだらりと下げて動かさなくなります。2〜3歳の子どもに多発します。両則の下肢が内則で凸の変形を示すものをいいます。

診断
肘をあげようとすると痛みのため泣きます。
自分でものを持ち上げようとしません。パラシュート反射を行っても痛みのため患則(病的な方)の手が前に十分出ません。

治療
整復の仕方は肘の関節を手のひらが上向きになるようにぐっとねじります。
その時、コクッという音が聞こえます。これで整復され、子どもは急に腕を動かすようになります。
思い切りが肝心なので、小児科医か整形外科医に相談してください。

注意すること
手を強く引っ張らないようにしてください。大きくなるとおこらなくなってきます。


前の画面に戻る 脊柱側弯症へ
禁転載・禁複製  Copyright 1999 Senoh Pediatric Clinic All rights reserved.